ワンちゃんの種類に合った洋服を選ぼう!

寒がりなヨークシャーテリア(小型犬)の服について

寒がりなヨークシャーテリア(小型犬)の服について ヨークシャーテリアは小型犬の中でも特に小さい犬種です。
暖かい地域がふるさとであるため、寒い気候が苦手です。
冬の時期の外出には服を着せてあげましょう。
小型犬に必要な服は、ゆったりとした動きやすいデザインのものが向いています。
素材は綿などの天然のものが理想的です。
ヨークシャーテリアの中には着るのが苦手な子もいます。
無理矢理着せないようにしましょう。
バランスが取れなくて、危険なこともあります。
ハーネスと一体化になっているタイプなら抵抗がないかもしれません。
冬であっても室内や気温が低くない日は必要がありません。
夏も着せる必要はないでしょう。
反対に老犬になると毛が減ってくるため、一年を通じて寒くならないよう注意が必要です。
ヨークシャーテリアは美しく長い毛並みがチャームポイントです。
毛並みは見た目だけでなく、体を守る役目もあります。
それでも冬季の外出はそれだけでは足りないこともあるため、服でカバーしましょう。

ヨークシャーテリア(小型犬)は体温調整のために服が必要

ヨークシャーテリア(小型犬)は体温調整のために服が必要 ペットは暑さや寒さに強いイメージがあります。
しかし、ヨークシャーテリアのような小型犬の場合、必ずしもそうではありません。
時折、服を着せられているペットを見かけますが、それには体温調整という立派な役割があります。
小型犬の種類によって差はありますが、ヨークシャーテリアの場合、適温は25度前後です。
これより暑すぎても、寒すぎても体調を崩してしまうので、室内の穏やかな環境で飼わなければなりません。
とくに冬場は、専用の服を着せることは飼い主の基本です。
体温調整が苦手な犬種だけに、しっかりと着込ませて対処することが、健康に過ごしてもらう秘訣といえます。
また、屋内施設に入ると暖房が効いていることもありますから、コートのような調節しやすいものが最適です。
小型犬はペットとして優れた性質を持っていますが、様々な刺激に敏感という特徴も併せ持ちます。
だからこそ可愛い服を着せることは、飼い主にとって楽しみであり、体温調整という心配りでもあるのです。