ワンちゃんの種類に合った洋服を選ぼう!

ミニチュアダックスフンド(小型犬)に服は必要?

ミニチュアダックスフンド(小型犬)に服は必要? ミニチュアダックスフンドのような小型犬に服を着せるのは、ただの飼い主の自己満足だと思っていませんか?確かにおしゃれの目的で着せている飼い主も多くいます。
ですが小型犬の場合には、着せることで意味があるからこそ、着せているというケースもあるのです。
例えばミニチュアダックスフンドの特徴として、胴が長く足が短いという点があげられます。
またこの犬種は、ほかの犬種と比べて寒さに弱いという特徴もあります。
つまり飼い主が服を着せる理由は、寒さに弱い飼い犬を守るためでもあるのです。
そして足が短いため、雨上がりなどに散歩をすると、泥が跳ねやすいので、泥はねを洗いやすいように工夫する手段にもなります。
さらに足が短いため、夏場は日光の照り返しの影響を受けやすくなります。
そのような照り返しから飼い犬のお腹を守るために、服を着せる方も見られます。
このようにおしゃれ目的だと思っている方も多くいますが、犬を守るために大きな意味があるのです。

服がミニチュアダックスフンド(小型犬)の暑さ寒さから守る

服がミニチュアダックスフンド(小型犬)の暑さ寒さから守る 小型犬は体型上、暑さと寒さに敏感です。
ミニチュアダックスフンドは小型犬であるダックスフンドの中でも小型の犬なので、一層暑さと寒さに敏感で、体調に気を付けてあげないといけません。
夏場になると、大人以上に地面に近い子供やベビーカーの赤ちゃんの熱中症に気を付けようと言われます。
同じ理由で胴長短足のミニチュアダックスフンドは、地面付近の暑さを人間以上に感じているので、外出時に服を着せてあげることで暑さから守ることができます。
普通の生地だけではなくて、冷感素材やメッシュ素材の服もあり快適に過ごさせてあげることができます。
冬場も毛があるから大丈夫と思わずに服で寒さ対策をするとよいでしょう。
夏とは違って、外出時の地面付近の寒さだけではなくて、室内の寒さの対策の為にも必要になります。
外出用と室内用に1つずつではなくていくつか用意しておくと、少し寒くなってきた頃から真冬の厳しい寒さにもうまく対応できるでしょう。