小型犬にはNGな服

小型犬にはNGな服

小型犬にはNGな服 きつすぎて動きづらい服は、小型犬にNGです。動きやすい服を選ぶことで、小型犬は快適に過ごすことができます。見た目の可愛らしさも大事ですが、犬にとって着心地が良いかという点が重要です。できるだけストレスを感じない服を選びたいときは、サイズだけではなく生地にも気を付けましょう。
特に衣装を手作りする場合は、生地選びを慎重にする必要があります。着用する季節に適した物を選ぶことが大切なので、生地の特徴をしっかり把握してください。小型犬に着せるときは、できるだけ軽い物を選択することも大切です。重いと小さな体に負担がかかってしまうため、重量に気を付けながら衣装を選びましょう。冬場は防寒のために厚着になるかもしれませんが、軽めの素材を選ぶことで犬の負担を軽減できます。ストレスをかけないためには、着脱が簡単な衣装であることも重要なポイントです。素早く着脱すれば犬の体を拘束する時間が減るので、ストレスを少なくすることができます。

嫌がる小型犬に服を着せる難しさ

嫌がる小型犬に服を着せる難しさ 街中の小型犬が服を着ているのをかわいいと感じて、愛犬にも着せようと考えている方も多くいます。ですが実際に着せようと思うと、嫌がるので思うように服を着せられないというケースもあります。では小型犬が嫌がるわけには、どのような理由があるのでしょうか。
服を着たがらない理由の1つに、慣れがあげられます。普段とは違うことをするのが嫌だと感じるのは、人も犬も同じことです。そのため最初から全身タイプのものではなく、最初はマフラーや帽子など手軽なものから始めてみるのも1つの手です。何かを着ている状態に慣れさせることによって、嫌がる小型犬にも着せやすくなります。また犬が嫌なら無理に着せる必要はないと考える方もいますが、おしゃれのためだけのものではないという点を把握しておくことも大切です。特に寒さに弱い犬種の場合は、体を冷えから守ることにつながります。ただし、無理やり着せるとストレスにもつながるので注意が必要です。