シーズーに服を着せる

シーズーに服を着せる

シーズーに服を着せる シーズーのような小型犬に服を着せて散歩をしている姿はよく見かけます。
もともと犬は何も身につけずに過ごすのが通常であり、着させるべきではないという意見もありますが、服を着せている飼い主からするとそれだけの理由ではないことがわかります。
小型犬のシーズーは元々チベット原産で、寒い所の出身です。
高温多湿な日本の気候は苦手という向きもあります。ひんやりした素材のものを着せ、熱中症を予防するという効果もあります。
室内で生活することの多い犬種なので、屋外との温度差も心配です。
その差を埋めて健康を守るために着せている人もいます。
比較的アレルギーの多い犬種でもあるため、皮膚炎の予防として着せる人もいます。
屋外では様々なアレルギーの原因にさらされるため、それらから愛犬を守るための措置です。
臭いや抜け毛の予防という側面もあります。
実際にドッグカフェなどでは着用を義務づけているお店もあるほどです。
可愛く着飾るという意味合いだけではなく、小型犬の健康を守ったりエチケットを気にするという観点からも、シーズーに服を着せることは意味があります。

シーズーの服選びの注意点

シーズーの服選びの注意点 シーズー(小型犬)は、体重が4~7㎏と小型犬に分類されているものの、骨太で体つきがしっかりしていて、体重の個体差も大きくあります。
性格は、穏やかでマイペースな性格の一面もありますが、好奇心が旺盛で走り回る一面もあります。
皮膚も体臭が強い傾向にあり、とてもデリケートです。

そんなシーズーの特徴を踏まえながら服を着せてあげたい場合の服選びの注意点といて、サイズが難しいのが特徴です。
大きめのものを服を選ぶと走り回った時などに、危うく転倒してケガを引き起こす子脳性もあります
もちろんシーズーと記載がある商品もありますが、愛犬のサイズと違う場合が多々ありますので、表記に頼らずにあらかじめ、愛犬を絶たせた状態で首周り・胴回り・上から見て1番太い部分、首周りから尻尾の付け根までの長さなど自分でしっかり図っておくと失敗が無くて済みます。
また、快適な着心地になるように冬場ならニット素材のもの、夏場なら冷感素材のあるメッシュ生地のものをお勧めします。